白髪染め 口コミ

sample

好きな色に染められる白髪染め



人の第一印象を決める要因に、髪の色があります。

黒い髪をしている人は若々しく見える一方で、白髪が目立つ人は、例え本当の年齢が若いとしてもより高齢に見られてしまいます。

ちょっと白髪が交じっているだけで苦労しているように思われてしまうなど、何かとネガティブに捉えられがちです。

若々しい生活をおくるためにも、目立ってきた白髪は白髪染めを使って染めておきましょう。

白髪染めとは、白くなってしまった髪の毛を薬剤によって黒く染めてくれる商品のことを言います。

クリーム状の製品が多く、髪の毛につけて放置しておくと薬剤の効果で白髪を染めることができます。

ドラッグストアやホームセンター、さらには最近はネット通販でも購入できるようになりました。

白髪染めの良い所は、お店で好きなカラーを選べる点にあります。

黒く染めるためのブラックだけでなく、明るい印象を与えるライトブラウンや、若さとおしゃれを同時に楽しめるダークブラウンなど豊富な色数が揃っています。

シックに決めたいときにはブラックを使ってもいいですし、仕事をやめた方などは明るいブラウン系を選んでみるとイメージチェンジにもなります。

購入の際には、商品の特徴をよく見極めた上で選ぶとよいでしょう。

知人などに実際に使ったことのある方がいるなら、使い心地や評判などを聞いておくと参考になります。

特に仕上がりの色に関しては、商品によって微妙な印象が異なってきます。

自分に合う商品を選ぶなら、評判やレビューをチェックしておくと便利です。

白髪の対策はどれがおすすめ



近年、白髪対策に様々な商品が誕生しています。

ヘアカラー、ヘアマニキュア、トリートメント、スプレーなど、それぞれの商品ごとに異なる特色を持っているため、内容を理解し自身に適した白髪染めを選択しましょう。

まず、完全に染めてしまうのならヘアカラーです。

ヘアカラーは髪の内部にまで染液を浸透させるため、シャンプーをしてもカラーが落ちることがなく確実に染め上げることができます。

しかし、その反面では髪の毛のキューティクルを破壊してしまうし、化学薬品を使用するため頭皮が弱い方には適しません。

もし髪の毛を痛めたくないという場合はヘアマニキュアがあります。

髪の毛をカラーコーティングするため、ヘアカラーに比べると髪の毛への負担は少なく、また化学薬品も使用していますがそれほど強くはないので頭皮が弱い人でも利用できる可能性があります。

ただ、シャンプーをするごとにカラーは落ちていきます。

カラーでもマニキュアでも頭皮に合わないという場合にはトリートメントカラーしかありません。

カラー付きのトリートメント剤なので、通常のトリートメントのように利用でき、染めながら髪の毛を保護します。

また天然成分を使用しているものが殆どですので、頭皮が弱い人でも安全です。

シャンプーをしていくと落ちてしまいますが、染め直しは簡単です。

また、一時的に染めたいだけならスプレーもいいでしょう。

頭皮、髪の毛、色持ちなどを考え、適していると思う白髪染めを選んでみてください。


 

新着情報